砂漠の陰から

砂漠の陰から

広大な砂漠のような社会の陰でちまちまと生きていくブログ

雑記:なぜぼくは「夏」にワクワクするんだろうか

今週のお題「夏物出し」


今年も、夏がやってきます。
気温も25℃を超え、いわゆる「夏日」を記録する日も増えてきました。着々と夏が近づいていますね。


今週のお題は、「夏物出し」。
夏に向けて、なにを準備していますか?というお題。
布団を夏物に替えるとか、衣替えするとか、そういうエントリーが多くなりそうですね。


夏に向けて、何か準備するものはあるかな?と考えてみても、特に思いつかない。かなしい。
旅行の予定も特にないし、遊びに行く予定もないし、毎年夏にこれやってます!みたいな楽しい恒例行事もない。むしろ出張の予定が入りそう。
それでも、なぜでしょうか。夏が来るんだなと実感したとき、どこかワクワクしている自分がいるんですよね。
学生のように長期の休みがあるワケでもない(お盆休みは多少あるが)のに。なんでだろうか。むしろ数年前までは税理士試験とかいう苦しい試験を受けていた覚えしかないのに。


考えると、なんだかんだ言って、学生の頃の「夏」は楽しかったんだと。
小学生のときも、中学生のときも、高校生のときも、大学生のときも。それぞれで楽しかった思い出があって、だから、夏が近づくと無性にワクワクするんじゃないかと思います。

税理士受験生時代も、いま思えばどこか楽しんでいたのかもしれません。陽炎が立つような照り返しの強いアスファルト道路を原付で走っていたことを何となく覚えています。確か勉強の合間に飯でも買いに行ったときかな。
当時のぼくに言わせてみれば、絶対に楽しいなんてことは言わないんでしょうけどね。どっちかと言うと「充実感」があったと表現したほうがいいかな。


さて、今年も夏がきます。
ウィズコロナの生活様式がようやく馴染んできました。観光地も賑わいそうですね。
数年後も夏にワクワクできるように。特別なことじゃなくても、充実した夏を送りたいものですね。
そういう意味で、気持ちの準備をしたということで。「夏物出し」ということにならないかな。気持ちを出した的なイメージ。屁理屈ですかねえ。

雑記:まずは経験してみないとわからないよね

5月が終わろうとしています。早いもんですね。ブログ更新するたびに同じこと書いてる気がするけども。
やっと繁忙期が終わりつつあるので、一息ついています。ここから9月くらいまではそれなりに時間があるハズ。いやー、よかったよかった。最近、仕事で思うことはありますが、まあそれは別の機会に気が向けば書こうと思います。陰気な記事になってしまうからね。

「百聞は一見にしかず」

この言葉、皆さん聞いたことありますよね。読んで字のごとく、どれだけ聞くよりも実際に見たほうが早くね?という意味です。そのまんまだね。まあそうだよねって感じ。
ぼくもまあそうだよねとは思います。しかし、思ってはいても、実践できているかと問われればどうでしょうか?皆さんは実践できている!と胸を張って言えますか?

「見る」というよりかは、何事も「実際に経験してみないと善し悪しがわからないよね」と感じた話をします。


ぼくは野球経験があります。野球でよく言われるのが、一番難しいゴロ処理は正面の強いゴロだということ。
野球をやったことない人からすれば、「正面のゴロがなんで一番難しいんだ?」と思うかもしれません。そういう人に対して、正面のゴロは遠近感がつかみにくいだの、バウンドを合わせづらいだの説明してもやはり伝わりにくいでしょう。実際に経験してみることが一番わかりやすいんですよね。


最近あった話なんですが、今まで使っていたiPod touchを紛失してしまったんですよ。
元々バッテリーが死んでたiPodなんで、買いかえればいいかとも思ったんですが、iPod touchは電話機能のないiPhoneみたいなモノで、かさばるしバッテリーがすぐヘタれるしどうも使いにくい。
iPod nanoという製品はミニサイズで音楽を聴くということに特化した品物ですが、アップルが販売休止して価格高騰しています。ですがぼくはどうしてもiPod touchではなくiPod nanoが欲しくなり、メルカリで2万円はたいて購入。
しかしいざ使ってみると、iPod nanoはぼくが今使っているイヤホン(WF-1000XM3)と相性が悪いというまさかの事態。

SONY公式HPより。iPod nanoには対応していない


iPod nano第7世代は2012年に発売、WF-1000XM3は2019年に発売したBluetoothイヤホンで、iPod nano自体が古すぎて対応していないということなんでしょうねえ。
そんなワケでiPod nanoはもはや通勤時には使えず、車専用のオーディオプレイヤーと化してしまったというオチです。ちゃんちゃん。

最近は外で音楽を聴くとき、大半の人はスマホを使っていると思います。音楽プレイヤーではなく。そういう人が増えたからこそ、アップルもiPodの市場をあえて縮小させているんでしょう。
ぼくは今まで、かたくなに音楽プレイヤーを使っていたワケなんですが、こういうこともあってしょうがなくiPhoneに音楽を入れて聴くようになりました。

そしたらまあ、便利ですよね。スマホで音楽聴いてたら充電あっという間に減るやんけとか思っていたんですけど、そんなに減らないし。荷物減るし。充電の手間もないし。
最初からiPhoneに音楽を入れてみるっていう選択肢も試していれば、と後悔。要は自分の考えが絶対正しいと信じ込まず、まずは試してみてから判断することが大事なんだと、今回の件を通じて学びました。
その勉強代、2万円。高いのか安いのか。なんともいえませんが、いい経験になったと前向きに考えましょう。損をしたと絶対に思いたくない。


皆さんも自分の意見を信じ込まず、まずは試してみることをオススメします。何事もね。



【編集後記】
なにか創作する趣味をはじめてみたいんですが、はじめてみたいと思っているだけでなかなか実行に移せず。
まずは行動するのが大事だと頭では分かるのですが、なかなか身体が追い付いてくれませんね・・・。

税理士試験:合格後は割引価額で基礎マスターが受講できます(TAC)

1000000000億年ぶりに税理士試験のお話でもしますね。試験というか、試験後のお話となります。
税理士試験の講座について、巷に溢れている多くの情報は「合格前」の情報。いやまあ、当たり前のお話ではあるんですが。税理士試験は科目制の国家資格。つまり、試験というハードルのみで考えれば、税理士試験合格=すべての税目を勉強ということにはなりません。ぼくのように大学院を利用した人はなおさらの話です。
で、あれば。税理士試験をめでたくクリアした後でも、未学習の税目については各自勉強していく必要があります。独学で勉強するのも悪くはありませんが、やはり国税4法(法人所得相続消費)は受験しなくとも、専門学校に通ってしっかりと勉強したいモノです。


しかし、ここで問題となるのがおカネの問題です。世知辛い。世の中の悩みの9割はおカネで解決できるらしい。
法人所得みたいなボリュームの多い科目は、そのぶん受講料もボリューム感MAX。大原TACの講座を受けようと思えば、1科目あたり25万円前後は覚悟しなければなりません。
社会の底辺を這いつくばって何とか生きているぼくのような人間にとって、月給並みともいえるこの金額は大金も大金。もちろん自己投資は惜しむべきでないと思っていますが、物事には限度があります。

そんな皆さんに朗報です。TACでは、税理士試験合格者向けに、教材を割引で販売してもらえるサービスがあります。ぼくはTAC信者なので大原は知りません。
TAC受講生は、毎年試験結果を報告するようにTACから求められます。この報告のとき、税理士試験合格と報告するとTACから賞状入れと共に色んなチラシが送られてきます。その中に「税理士講座 教材販売申込書」という書類が入っています。その申込書を使えば、TACの税理士講座を割引価格で受講することができます
科目合格ではなく、あくまで「税理士試験合格」ということをお忘れなく。すなわち、5科目の合格(官報合格)か、大学院の免除を含めた合格(認定合格)となった場合にのみ送られてきます。
金額は以下の通りです。(2022年1月現在)

内容 金額
法人税 基礎マスター 75,000円
法人税 基礎マスター+申告書作成コース 95,000円
所得税 基礎マスター 75,000円
所得税 基礎マスター+申告書作成コース 95,000円
相続税 基礎マスター 70,000円
相続税 基礎マスター+申告書作成コース 85,000円
消費税 基礎マスター 50,000円
消費税 基礎マスター+申告書作成コース 70,000円


「基礎マスター」というのは、基本テキスト+トレーニング+該当する講義DVD+確認テスト・実力テストのセットです。ぼくは法人税相続税を受講していますが、法人税はテキスト5冊分、相続税はテキスト4冊分でしたね。TAC講座でいうと、いわゆる年内のインプット期の講義部分ですね。
上級講座は入っておりませんので、コレで全てを網羅できるというワケではありませんが、実務をやるという上では十分ではないでしょうか。足りない部分はその都度勉強していけばいいので。
一応、注意点がありますので書いておきますね。

講義媒体は「DVD」のみ。Webフォローは一切なし

TACの本講座の方では、WebフォローというWeb上でも講義を視聴できるサービスが付与されますが、こちらはあくまで「教材販売」なのでそういったサービスがありません。iPadなどのタブレット端末で視聴ができないので、そこは気を付けてください。DVDプレイヤーか自宅のテレビ、あるいはパソコンを使うことになるかと思います。

レーニングの答案用紙ダウンロードサービスがない

TACの場合、Webでトレーニング(問題集)の解答用紙をPDFでダウンロードできますが、こちらの講座はそれがありません。Webを通して受けるサービスは全てカットされているイメージですね。
最初に送られてくる解答用紙をコピーして使用する必要があります。スキャンするのが一番いいかもしれない。

自習室は利用できない

当たり前だとは思いますが自習室は利用できません。教材の売り切りです。ぼくは勉強といえば自習室に頼りっきりだったので非常に困りました。自宅で勉強できる環境を整えましょう。

(一応)申込の期限がある

電話で問い合わせしたときに聞いた話ですが、この申込書は合格後5年間のみ送付するということです。TACからのチラシを受け取るように設定しておけば、毎年の税理士試験結果発表の時期に上記の申込書が送られてきます。送られてこない場合、そもそもTACからのチラシを受け取らない設定になっている可能性があるので、そういうときは問い合わせしてみましょう。送ってもらえます。



いまは相続税法人税を勉強しておりますが、やはりボリュームが多くてなかなか大変です。少しでも早く一人前になれるように地道に努力していきたいですねえ。

雑記:片耳の詰まった感じ(閉塞感)を10分で治してもらった話

f:id:sunaneco:20220411094738j:plain

こんにちは。3月までは寒さの残る日もありましたが、4月に入ってからはすっかり暖かくなりましたね。今日なんて最高気温が25℃。いきなり冬から夏に飛んだような気温となっております。
4月から新年度が始まるこの時期はとにかく通勤電車が億劫ですね。春休みが終えた学生が参戦し、とにかく混みます。ピクミンみたいに群れる大学生集団が現れるとなおさら電車が狭く感じてしょうがない。リュックを降ろせリュックを。まあみんな同じことを思っているだろうから、お互い様なんでしょう。


ここ1年くらい、ずっと右耳にちょっと違和感を覚えていました。詰まっている感じというか、閉塞感というんですかね。トンネルの中に入ったら耳がボフっとするような、アレです。あとたまの耳鳴り。
ウザいなーとは思うんですけど病院に行くほどでもない。行きたくない。忙しくて行けない。そんな理由をつけてずっと放置していました。
しかしまあ、毎年恒例の花粉症の薬を貰いに耳鼻科に行かなければならないので、ついでに診てもらうことにしました。


ぼくのイメージなんですが、耳の異常って重大な病気に繋がっていたりとか、中耳炎とかそういう類の病気でしか発生しなさそうな印象だったので、正直怖かったんですよね・・・。
ビクビクしながらお医者さんの前に座るぼく。もはやまな板の上のコイです。
お医者さんが耳の中をひと目見て「あ~、こりゃカッチカチだねえ~」とひと言。「ん?カッチカチ?」と思っていると、「んじゃ、薬でふやかして取りますねえ~」と続けられました。


閉塞感の正体は、「耳垢栓塞」という、耳垢が固まってしまって耳穴を塞いでしまう病気(病気といえるのか?)でした。要は耳垢がタップリ詰まって耳を塞いでいる状況です。きたねえ。
治療法はいたって簡単。固まっている耳垢を吸引機で吸い出して除去するだけ。ぼくの場合はしっかり固まってしまっていたので、まずエタノール的なモノで耳垢をふやかし、その後吸い取るという段階を踏みました。
治療は、耳元に掃除機を突っ込まれ何かが吸い出されていくような、「お゛ん♡」みたいな声が出そうな、人によっては病みつきになりそうな感覚。揚げ玉みたいな大きさの耳垢を6個ほど除去し、ようやくぼくの耳はキレイになりました。所要時間10分。きたねえ。


原因はというと、「間違った耳掃除」だそうです。耳掃除と言えば綿棒ですが、これをあまり奥に突っ込むと、逆に耳垢を奥に突っ込んでいるようなモノで、やりすぎに注意してくださいとのことです。
あとはまあ風呂とかで耳が水に入ると、耳垢が水を吸って膨らんでしまい、耳垢栓塞になってしまうそうな。言われてみれば確かに、風呂上りは閉塞感がひどくなって、これを直そうと綿棒を耳に突っ込んでいました。
もし、同じような症状で悩まされている方。特に耳に水が入ったあとにその症状がひどくなる方。だまされたといって耳鼻科に行ってみてください。ウソみたいに簡単に治してもらえますよ。


治療後は、「逆に聞こえすぎてビックリされるかもしれません」と言われました。その言葉どおり、治療後はさながらゾーンに入ったアスリート。すべての音がクリアに聴こえます。そりゃここ1年、ずっと耳穴塞がれた状態で過ごしていたんですから、重りのついたリストバンドを外したようなモノです。少しでも音質の良いイヤホンを探している方、まず耳鼻科に行ったほうがいいかもしれませんよ。
ちなみに鼓膜はなにも異常なし。とにかく耳掃除は深追い注意ということを勉強できた出来事でした。よかったよかった。ちゃんちゃん。



【編集後記】
最近の昼食はソバを食べると決めています。
人は何かを決めるときに少なからずエネルギーを消費しています。ルーティン化できることはルーティン化してしまったほうが、必要なことにエネルギーを注げる気がしています。気がするだけね。

雑記:今年は50冊の本を読破します


あけましておめでとうございます


年が明けて初めての記事なら、この挨拶できっといいハズです。みんな許してくれる
気が付けば半年もブログを放置してしまいました。やはり仕事が忙しくなり、妻の出産などもありなかなか手が回らずじまいでした。
年末年始には一年を総括した記事でも書ければいいんだけど、現実はうまくいかないね。


さて、気がつけば桜が咲き乱れる季節となってしまいました。1年の3ヵ月がもう過ぎようとしています。はやい。4分の1がもう終わってしまったんですよ。
仕事柄、年末からこの3月まではずっと忙しいので、知らんうちにもう春を迎えてしまう。時間は待ってくれないのだ。
去年と同様、とりあえず一発目の記事ということで抱負を書こうかと思います。


題名にも載せましたが。ズバリ「読書」です。
今年の目標は、読書を習慣化することです。目標は1週間に1冊。1ヵ月で4冊読めますので、年間でいうと48冊。ちょっと中途半端なので切り上げて50冊の本を読むということを今年の目標にします。


キッカケは何気なくみたYoutubeです。そのなかで読書を強烈に勧められていて、成功者の多くは読書を習慣づけているとのことで。
ぼく自身、子どものころから読書は好きだったので、これを機に習慣づけようかと考えました。小学生のころのズッコケ3人組から始まって、デルトラクエストとかバッテリーとかよく読んでたなあ。
とりあえず通勤時間を読書に充てています。暇つぶしにスマホを見る時間を極力減らして、読書するというトコロですね。小説も好きだけど、とりあえずビジネス書や新書を読みあさっています。
現代は便利なもので、自分が読書した本を記録するサービスがあります。隙あらばだれかとつながることができます。それが良いか悪いかは置いておいて。
ぼくは読書メーターというアプリを使って記録しています。マイページはこちらなので、もし登録している方がいたらフォローしてください。
とりあえず読んだ中では「伝え方が9割」という本が印象に残っていますね。内容が分かりやすいし、こういったブログでも使えるような考え方が勉強できた良書です。


子どもも1月末に無事に産まれましたし、仕事もいよいよ本格的に出張が多くなってきました。
ネタは色々あるので、今年も思ったことがあればブログを更新して人知れず記事を残していきたいですね。
それでは、今年もよろしくお願いいたします。